円通寺で坐禅を組む

岡山県商工会議所青年部連合会の会員大会が玉島で開催され、玉島円通寺を訪れました。

円通寺は良寛様が修行した寺として知られています。
分科会で円通寺を訪問し、お茶をいただきました。
掛け軸には「流水に間断なし」と書かれています。意味は「流れる水のように、途切れる事無く目標に向かって突き進む」といった感じです!
円通寺の本堂にて坐禅を組みました。
ほんの10分程度の坐禅でしたが、無我・無心・無想・無念の時間を作ることができました。

ホテルセントイン倉敷の最上階レストランから眺めた景色

ホテルセントイン倉敷の最上階レストランからはとてもよい景色でした。この辺りは大昔は海だったとのこと。多島美だったに違いありません。

玉島の街を歩く

倉敷市玉島をもっと深く知ろうと思い、再び訪れることにしました。

今回行ったコースは、以下のとおりです。

円通寺→源平水島合戦古戦場跡→沙美海岸(日本の渚百選)→西爽亭(戊辰戦争史跡)→玉島歴史民族海洋資料館→水谷候遺徳顕彰の碑→お玉さん祠碑→港橋(「オールウェイズ3丁目の夕日」ロケ地)→羽黒神社

今回感じたことは、行く先々にいらっしゃっる観光ボランティアの方々がとても親切だったことです。
特に西爽亭では、とても熱心に歴史の説明をしていただきました。
とても参考になりました。

玉島は、たくさんの歴史が残っていますし、海も山も近く、自然もたくさんあります。
玉島で収穫できる果物もあります。

歴史を感じて、きれいな自然を見て心を安らげたい人にとっては、とてもいいところだと思いました。

桃源郷を訪ねる

倉敷市玉島にある桃園を訪ねてきました。

桃園を訪ねるのは私にとっては初めてです。
今は桜がきれいな季節ですが、桃も全然負けていません。
まさに桃源郷。
桃の花が咲く季節の玉島はかなりすごいです!
玉島の観光資源を再認識しました。